ohtake shoten
サイト内検索
 メインメニュー

ガラス・鏡の加工

大きく分けて切断や孔明けに関すること、切口のコバの処理方法、ガラスや鏡自体の表や裏面の処理という三つの加工に関することがあります。まずは、どんな形に切断するのか、下の図を参考に決めてください。

メール添付で図面を送信いただくか、型紙を送付いただければお見積させていただきますし、発注の際もお互い安心ですよね。

 

 形を決めましょう  (切断や孔明け)に関すること

1.四角切断

         

2.一辺異形切断

             

3.二辺異形切断

              

4.曲線異形切断

               

5.コーナーR加工

            

6.切り欠き

            

7.丸孔明け

垂直方向と水平方向の両方の端部から、いくら逃げをとったところを中心にするのかと、直径を指定願います。あまり逃げをとらないと割れやすくなりますので、ご相談下さい。

また、様々な径のビットを準備しておりますが、ない場合もあります。その場合は事前にお知らせさせていただきます。

8.長孔明け

四角い孔もあける事は出来ますが、角の部分から割れやすくなりますのでお薦めしておりません。写真のような両端が円弧型の長孔でお薦めしております。円弧部分の直径と全体の長さをご指定下さい。


前のページ
当社鏡の特徴
コンテンツのトップ 次のページ
切断面に関すること
  
copyright © 2010 Ohtake-shoten All Rights Reserved.